すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

毎月の貯金額・投資額をどう設定するべきか

毎月の給料をどう貯金・投資していくかのお話です。

私のお給料は、基本給+住宅手当+残業代で構成されています。割と一般的な形だと思います。

このうち、基本給と住宅手当は通常の収入として捉えて、配偶者の給与と合わせて毎月の予算を組んでます。残業代とはいえ、結局残業代無しの月はないので、最低限見込まれる部分は通常の収入として考えても良いのかもしれませんが、万が一ということもあるので、臨時収入と考えています。

 

そして、毎月の予算編成ですが、当然通常の収入部分から予算を組んで、その中でも貯金・投資を出来るように考えています。そして、臨時収入部分は、基本的に全額が貯金・投資に回るようにしています。

ボーナスも同様に臨時収入として捉えて、大部分は貯金・投資の原資として捉えています。

 

このあたりの考え方は、投資本の古典かつ名著である本多静六著「私の財産告白 (実業之日本社文庫)」を参考にしています。やり方はシンプルで、収入を通常収入と臨時収入に分けて、通常収入は4分の1を貯金して、臨時収入はその全てを貯金するというものです。可能な限り貯金・投資額は増やしたいですが、ともかく目標ラインとして、このやり方を続けていきたいと思っています。

また、貯金と投資のバランスについては、リスク資産と現金の比率で調整していこうと思っています。今のところ、リスク資産6~7割、現金4~3割で考えており、後々現金の絶対値が大きくなってきたら、一旦現金の積立は終了して、リスク資産に全て振り向けていこうと思っています。

e-Taxが使えない人も国税庁の「確定申告書等作成コーナー」は使うべき

昨日の記事でお伝えしたように、無事に確定申告を済ませてきました。

日曜日に申告ができるチャンスって2回しかないんで、どうしても混雑するんでしょうね。Twitterなんかでも見てみましたが、大行列になっている会場もあったようです。

ただ、私に関してはタイミングも良かったのか、あっさり提出できましたよ。待ち時間はほとんどなかったです。

運がいいのが一番の要素だとは思いますが、あらかじめ自宅で確定申告書を作っていったのが勝因だったと思います。

続きを読む

明日は確定申告に行ってきます

普通のサラリーマンだと確定申告ってあんまり縁のないものですよね。

最近はふるさと納税とかの影響で少しは変わってきていると思いますが。

 

私も、明日確定申告に行ってこようと思っています。

やろうと思っているのは寄附金控除と、上場株式の譲渡損の損益通算です。

基本的に損を出しているときに売るのは悪手なんですが、去年は個別株の整理とかもしましたからね。。。

ふるさと納税については、ワンストップ特例というのもありますが、個人的には確定申告をしてしまうほうが結局は良いと思いますよ。

普段源泉徴収されていると税金についてあんまり意識しないです。一年に一度くらいは、真面目に取り組むくらいがちょうどいいかと。

あと、ワンストップ特例だと所得税の金額は変わらず、住民税が安くなります。一部でも所得税で返される方が、早く還付が受けられるんでオトクなんですよ。

プレミアムフライデーより長期休暇をくださいよ。しっかり消費するからさ。

今日はプレミアムフライデーらしいですね。

いろいろなお店が今日のために様々な企画をしたと新聞では読みました。

しかし。。。私には無縁だったのです(涙)

 

いや、正確には会議は早めに終わりましたけどね。後処理やらなんやらで全く実働時間は変わらなかったです。

 

そもそも論ですが、出勤は通常通りだけど少し早く帰るという仕組み自体に問題があるんじゃないですかね?結局いつも通り仕事をする事になりそうですし。

理想は長期休暇です。いわゆるバカンス。以前、北欧の方と仕事の調整をしたことがありましたが、向こうの方はバカンスで、連絡が取れない時期が1月くらいあるんですよね。本当に素晴らしいと思います。

 

本気で取り組むなら、できれば長期休暇を新しく作ること。それがだめにしたって、せめてまるまる1日は休みがもらえないことにはなんとも使いようがありません。

2日の休みが2.5日になったところで旅行に行こうなんて思うもんですかね?

 

今日の読売新聞でしたかね。厚労省の方はプレミアムフライデーのために職場内の有志で梅の花を見に出かけたそうですよ。

有給まで取らされて、職場内の人と金曜日の午後を過ごすことが本当にプレミアムなフライデーなのか、正直聞きたい所ではありますが。。。

 

まあ、使い方は自由にしても、せめてそれなりに行動を起こせる程度に時間を用意していただきたいところです。

さっさとキャッシュレス社会に移行してほしい

現金を持ちたくない。

 

最近、真剣に思っております。

出来うることなら一切現金を持たずに生活したい。

今でも可能な限りはやっています。お店での買い物は基本クレカ、それがダメなときは電子マネー

しかし、どうしても限界はあります。無理なところはやむを得ず現金払いするほかはありません。

 

現金って、持っていても利息は付かないし、落としたり盗まれるリスクはあるし、不特定多数の人の手に渡るから不衛生だしで、持たなくていいなら正直持ちたくないです。

最近なんて、紙幣から梅毒が感染したんじゃないか、なんてニュースもありましたよね。おお、恐ろしい。。。

 

仮にクレカだけでなんでも支払える社会がくれば、私は迷わず完全移行します。

個人的には、ポイントが付かなかったり多少の手数料がかかっても構いませんよ。利便性そのものにも価値を感じているので。

 

なかなか日本は現金信仰が強いと聞いていますから、移行するとしても遠い将来かもしれませんが。

 

しかし、そもそもお金の歴史を考えると、人間が楽をできる方向に発達してきたと思うんですけどね。

物々交換から貝殻、貴金属、その交換のための証文。。。

こうくれば、マネーの電子化も歴史の必然じゃないでしょうか。

 

ルフレジで現金払いをしている人を見るたびに、心の中でため息をつくのでした。

個人年金に入ったことで今では少し後悔しているお話

目標は毎日更新という感じで書いているんですが、どうしても投資に関してアクションが少ないんで、投資行動という意味では限界が生じるのは仕方ないですかね。

積立とかETFの毎月分の購入をしてしまうと、基本的にやることが全くないのです。 笑

一応、リスク資産とそれ以外の比率はチェックしているので(というよりマネーフォワードで勝手に分かる)それがあまりに崩れたら、多少の現金化や追加投資なども考えたいところなんですが、今のところは良くも悪くも割とバランスが取れてますね。

まあ、長期投資ということでタイトルにも書いてますし、日々の動きなんてそもそも求められていないかもしれませんが。

 

そういえば、実は私は毎月の資産形成を、貯金、投資のほかに保険でもやっております。

いわゆる個人年金ってやつですね。私の勤めている職場は、今年からiDeCoに加入可能になったのです。

つまり、入社してから昨年までは、使えなかったわけです。

で、保険にも一応税制優遇があったので、使える控除は使うほうが良いだろうと判断して、加入したんです。単利ではありますが、適用される所得税率分が利回りとして考えても良いと思っていましたし、その還付分は投資に回そうと思ってましたので。

で、一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除の両方が使えるように、2契約に分けて持っていますが、両方とも商品としては個人年金保険です。

正直なところ、今ではこの選択、若干早まったかなーとも感じております。。。

なんといっても返戻率が低いんですよね。マイナス金利前だったので今よりはマシだと思いますが、それでもウン十年積み立てて雀の涙のような予定利率。

そして、加入当時からしたら予想外に、法改正によってiDeCoに加入できるようになったこと。

当時としては悪くない選択だと思いましたが、果たして今年入社だとしたら加入しただろうか。。。してないですよねえ。

 

つらつらとそんなことを考えたりしています。

保険会社の破綻リスクを考えなければ元本割れはないし、運用がうまくいっていれば配当金も一応は出る仕組みなので、無リスク資産と捉えて持つ。。。というのが今の方針ですが。

どうせ長期で寝かせる資金なら、株式を優先すべきですよねー。

とはいえ、いま解約すればもちろん支払済額より戻ってくる金額のほうが少ないです。やれやれ。。。

浪費、無駄な出費を防ぐのは最高の資産運用だと思う

お金を貯めだすと、だんだん楽しくなってきます。

今までは欲しいものを買うことに喜びを感じていましたが、今は余計な出費をせず、手元にお金がたくさん残っていることに喜びを感じます。

もちろん、余計じゃない出費にはお金を使いますよ。ただ、部屋を見渡してみると、いつ買ったのかもなんのために買ったのかも思い出せないものもたくさんあります。

こういう出費は、要するに無駄だったということですよね。一時的な効果くらいはあったのかもしれませんが…。

このような浪費を防ぐのは、それ自体が資産運用のようなものです。ノーリスクで、確実なマイナスリターンを防げます。そして生み出したキャッシュを、さらにプラスリターンの資産につぎ込んでいく。

 

貯金も投資もある意味ゲーム感覚です。突き詰めて考えてみたらゲームだって数字を増やすだけじゃないですか。

通帳の数字を増やす、証券口座の数字を増やす。そのために余計な出費を削る。

やっていくと楽しくなりますよ。

そして、ある程度の金額が貯まれば「クエストクリア」です。そうしたら自分自身の自由度がぐっと高まる。

住む世界の違うような、運と実力を要求される大富豪はともかく、小金持ちは目指せると思っています。