読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

分散を重視するか、管理の手間を削減することを重視するか

投資についての考え方

インデックスファンドを買って資産運用しようと思うと、大抵はいくつかの資産クラスを組み合わせることになります。


一般的には、株式(国内、先進国、新興国)、債券(国内、先進国、新興国)、REIT(国内、先進国)の8資産ですね。


投資する資産を分散することによって、リスクを抑えつつもリターンを確保することができるという説明が多いように思います。


資産を組み合わせてリスクを下げつつ、ある程度のリターンを確保でき、それを保つために定期的なリバランスをする。
これが一般的に言われている分散投資による資産運用でしょう。

 

私もこれは正しいと思っているんですが、特に適しているのは、既にある程度のまとまった資産を持っている人なんじゃないかと感じています。
私はサラリーマンという立場上、毎月毎月新しい原資となる給料が入ってきます。
生活費も基本的には給料から払うことになりますし、緊急事態でも起こらない限り、通常は貯金を取り崩したりはしません。
給料は当然現金で入ってきます。現金という、低リターン低リスク高流動性の資産が毎月供給されるのに、リターンを犠牲にしてリスクを抑えた運用をするのって効率が悪いように感じてしまうのです。
これから資産形成をしていこうという立場からすると、わざわざ手間をかけてリターンを落とすことになりかねないと思います。

 

また、手間がかかるということは、それだけ余計な判断が入る余地があるのではないかと思います。
つまり、本来は淡々とリバランスすべきところ、余計な判断をすることによって比率をぐちゃぐちゃいじったりすることになりかねないんじゃないでしょうか。

 

私はリスクを理解した上で、長期的な視点で高リターンを求めるなら、先進国株式(もしくは全世界株式)ファンド1本でも十分だと思います。
また、分散を求める場合も、自分の考えるベストバランスを自作するより、既存のバランスファンド1本に絞って淡々と買う方が、少なくとも余計なことをするよりはよっぽどマシだと思っています。

たいてい、「余計なことをする」ときって下がっているときだと思うんですよ。淡々と積み立てていれば高いリターンが見込める時期に、それを捨てるのは避けたいです。


管理の手間をかけず、いっそ口座も見ないくらいのつもりで、ひたすら積み立てを続けていればいずれ結果がついてくると信じています。

3月分の積み立てを完了しました

投資報告

今日は3月分の積み立ての日です。

 

積立設定額

・セゾンバンガードGBF 5万円

・たわらノーロード 先進国株式 2万円

 

例によって無事完了です。

また、余剰現金があったので、VOOについても4万円の買い注文を出しています。

両方のいいとこ取りをしようと思ってやっている、投資信託ETFの定期購入ですが、普通は投資信託だけで十分だと思います。

自分自身、管理は楽に越したことはないと思っていますからね。。。

今のところは、証券会社はそれほど分散していないのが救いですが。

 

松井証券の投信工房にも興味はあるんですが、証券会社が分散すると途端に管理が面倒になりそうなので様子を見ています。

いずれにしても、基本的にはひたすら買って、長い間寝かせておくだけです。

今月は残業代が沢山もらえそうなので、たくさん投資に回したいと思います。最近はこれが一番の楽しみになっていますね。

 

欲しいものを買っているという満足感がありながら、きちんと資産形成ができているという満足感もあります。我慢せずに積み立てられているという意味では、正のスパイラルが働いていると言えそうですね。

収入が増えてもその分出費を増やしていたら危険度が増す

貯金・節約 投資についての考え方

時期的にはずいぶん外れた話かもしれませんが。

 

毎年昇給する人も、そうではない人もいると思います。

私の場合、ありがたいことに今のところは毎年昇給しています。大した金額ではないですけどね。

 

皆さんは昇給したら、その分の金額をどのように扱ってますかね?

私の場合、最初の頃は、普通にお金が厳しかったので生活の向上に回したり、酒代なんかに回したりしていました。

ここ最近は、そこまで切羽詰まっていないので、増えた分は貯金、投資に回るようにはしています。

 

生活水準は、一度引き上げるとなかなか下げづらいです。

昇給だって、今後はどうなるかわからないですしね。

給料以外に環境が変わっていないなら、本来生活にかかるコストは変わっていないはずです。収入が増えたから支出を増やさなければいけないというルールもありません。

インデックスファンドを使った長期的な資産形成では、運用そのものを頑張ってもパフォーマンスなんてたかが知れています。というか、意識せずにひたすら続けるほうがうまくいくかもしれません。むしろ、いかに多額の元金を用意できるかのほうがよっぽど重要だと思います。そういう意味で、このブログは投資ブログというよりは節約・貯金ブログなんだと思いますよ。

 

私は、今後も昇給分は機械的に積立額の増額に回していきたいと思っています。

 

生活改善&生活コスト低下を目指して試行錯誤中。

日々の出来事 貯金・節約 考えごと

ここ最近、改めて生活習慣の大切さを実感しています。

健康も、お金も、日頃からの習慣がものを言いますね。急にどうにかしようと思っても無理です。

結局やるべきは、普段からの行動の積み重ねなんでしょうね。

 

私は食べるのも飲むのも大好きなんで、どうしても体重なんかが増えがちです。

それに、仕事も忙しい時期はそれなりに忙しく、睡眠時間や運動時間も十分とはいえません。

このままいくと何かしらの生活習慣病になってもおかしくはないと思います。

生活習慣の改善でそれを防げるなら、お金の面でも有利だと思いますし、健康に越したことはありませんからね。

 

最近は、意識的に食事量を減らして、栄養バランスを考えるようにしています。

また、基本的にはお酒も飲みません。

朝と昼は、胃腸を休めるのも兼ねて、スムージーとか優しいものを食べています。

本当は夜に休める方が良いのかもしれませんが、ストレスをためてもいけないんでほどほどにやってます。

昼の眠気がなくて仕事が捗りますし、以前よりお腹の調子がいいように思います。

もともとお腹が緩い方だったのですが、今は割といい感じです。

また、今まではお昼に外食が多かったので、コストの面でも安くなりそうです。

 

今の習慣が自分に合っているなら、しばらく続けても快調なんだろうと思います。とりあえず様子を見つつ、習慣の改善を続けていきたいです。

積立NISAの対象の絞込か?金融庁で長期積立分散投資信託の審議中。

やっぱり気になる積立NISA

今年度の税制改正で導入予定の「積立NISA」。

気になっている人も多いと思います。

 

衆議院では可決され、順当に行けば来年から使えるようになるであろう積立NISAですが、対象となるファンドについては、今のところ明らかにされていません。

続きを読む

個人は借金やレバレッジをかけた投資なんてするべきじゃ無いと思う

考えごと

単純な「借金=悪」みたいな話ではありません。


借金にはレバレッジをかけて効率よく事業を行うといった効果もあると思います。


企業や国などは、個人に比べて信用があり、低金利で資金調達できるという面は大きいのではないかと思います。
それによって、大規模に政策や事業を展開することもできるでしょう。


けど、一個人がそんなハイリスクなことをやる必要は無いと思うんですよね。

 

住宅ローンでもないかぎり、個人に対して低金利で大きな融資をしてくれる金融機関ってそうそう無いと思います。
カードローンやクレジットカードの利息なんて、この低金利の時代じゃ馬鹿馬鹿しいくらいの利息ですよ。
FXの場合は、いきなり高金利の借金をすることは無いと思いますが、元手が根こそぎやられて、借金で証拠金を調達するような事態になったら、破滅への入口だと思います。

 

よほど儲かるビジネスに取り組んでいたり、稼ぐ公算がある人は別かもしれませんが、一個人に、借金に耐えられるリスク許容度なんて無いと思います。

(それに、こんな条件に合致していたとしても、個人での資金調達は危険だと思います。)

 

正直、住宅ローンも例外では無いと思います。
数少ない、普通の人が低金利で多額の借金をすることができる方法ではありますが、不動産投資は流動性リスクや災害リスクをはじめとして、決して庶民が気楽に手を出せる投資だとは思えないのです。


将来の日本の不動産価格については私自身どうなるかは分かりませんが、日本は災害が多いことと今後人口減少が見込まれることはほぼ確実です。個人的に持ちたいかどうかという観点では、正直持ちたくないですね。

 

基本的に、借金はインフレ下では有利な選択だとは思うんですが、それは国や企業にとっての話で、個人がそれをやるには条件が悪すぎるのではないかと思っています。

もしも低金利で、使途が自由な借金が個人でも可能であれば、不況時の分散投資などで「将来の資金を現在使う」ことができる借金のメリットを得ることもできるかもしれませんが、やはり、個人が借金と付き合うのは有害だと思います。

凡人が資産形成するには自動で貯まる仕組みを作るのが一番早いと思う

投資についての考え方

大抵の人って、そんなに意志が強いわけじゃないと思うんですよ。もちろん私もその一人です。凡人代表です。

現金って、良くも悪くも流動性が高いです。すぐ使えちゃいます。財布の中とか、普通預金とかに多額の現金を入れておくこと自体が危険だと思うんですよね。

まともに家計簿とかをつけていれば多少はマシですけど、そういうこともしていなければ、多分無意識的によくわからない消費をして、思った以上に減っている。。。という感じじゃないでしょうか。

 

正直、本気でお金を貯めたいなら、簡単に使えないところに自動的に放り込めるように仕組みを作ってしまうのが一番楽だと思います。

続きを読む