読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

とってもオトクな確定拠出年金(iDeCo)のお話

皆さんは、個人型確定拠出年金(通称:iDeCo)はご存知でしょうか。

概要を一言で説明すると、政府が我々のために作ってくれた老後資金準備のための枠組み、といったところでしょうか。

いろいろな部分で税制が優遇されているため、大抵の人はこの制度を使うことが資産形成に有利に働くと思います。

今年から対象者が広がり、企業年金のある企業の従業員や、公務員でも利用が可能となりました。話題にもなっているので、聞いたことがある方も多いと思います。

掛け金の限度額は、大まかには以下のとおりです。

 

自営業(国民年金):68,000円

企業年金のない会社員(厚生年金):23,000円

企業年金のある会社員、公務員(厚生年金):12,000円

 

iDeCoの税制優遇は、拠出時、運用時、受取時の3つ、それぞれ受けることができます。

色んな所でiDeCoのオトクな点は話題になっていますが、私も簡単にまとめてお伝えしますね。

(実際に始めるときは、国税庁厚生労働省のウェブサイト等で情報収集して、自己判断の上お願いいたします。責任は持てませんので)

 

拠出時:全額所得控除

1つ目の税制優遇は、iDeCoの掛け金です。その年に支払った金額が全額、所得控除されます。

それによる減税効果は、拠出額×適用税率(所得税+住民税)と考えてもらえば大丈夫です。

会社員(企業年金なし)、月の掛金23,000円、所得税率10%の場合は、

(23,000×12)×(所:10%+住:10%)=55,200円

これだけの税額が還付されることになります。(復興特別所得税は考慮せず)

 

運用時:運用益非課税

2つ目の税制優遇は、運用中の利益には一切課税されないということです。

これも、運用がうまく言ったときの効果は絶大で、現行税率の20%が一切かかりません。

ただし、特別法人税という税金には注意が必要です。

現在は凍結されていますが、これが復活した場合には、積立金の金額そのものに、1.173%が毎年課税されることになります。

現在は低金利ということで凍結されているので、すぐに復活するということはないと思っていますし、仮に復活するとすれば高金利環境になってからではないかと考えていますが、油断は禁物です。

 

受取時:退職所得、退職所得控除、公的年金等控除

3つ目の税制優遇は、退職控除、退職所得控除、公的年金等控除です。

一時金として受け取る場合は、退職金を受け取るときと同じような税制優遇を受けることができます。

サラリーマンや公務員で退職金が多い方は、控除を使い切ることもありますが、退職所得はさらに二分の一にして計算しますし、総合課税より有利な分離課税で受け取ることができます。

年金として受け取る場合は、雑所得となりますが、公的年金等控除を受けることができます。

 

こんなところでしょうか。

税率や税額は個々人によって違うので、全員が絶対にやるべき、とは言えませんので、最終的には個別に計算をして、活用してもらえればと思います。

また、確定拠出年金を始める際は、どこの金融機関を選ぶかをしっかり考えましょう。

個人的にオススメするのは、楽天証券SBI証券です。

私はSBI証券を選びました。その理由については、いずれまた…。

 

今回も読んでいただいてありがとうございました。

余談ですが、確定拠出年金以外にもサラリーマンが使える節税はいくつかあります。

無駄に税金を払うのは非常にもったいないですから、制度は十分調べて活用しましょう。

サラリーマンでも使える節税方法についても、今度単独で記事にまとめようと思っています。