読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

毎日相場をチェックしていたら疲れちゃうよ:「投資離れ」のすすめ

投資についての考え方

さて、ここしばらく円高傾向ですね。

最近は為替の動きが激しいような。。。

日経平均も下げていますし、持っている資産も全体的に値を下げているようですね。

持ち続けていたらもっと下がるのかな?なんて不安ももたげてきたりして。

こういうときはどうするべきなんでしょうか。

 

人間、不安になると、このようなことで悩んでしまいがちです。

しかし、焦って行動したっていいことは全くありません。

余裕資金を投じている限りにおいて、下がり局面で焦って売る必要なんかないじゃないですか。

どっしりと構えましょう。そして、無用に焦るくらいなら、相場を見るのはやめて、一度頭を冷やしましょう。

趣味に全力を出す、仕事に打ち込む、現実逃避する。。。などなど。

相場の予想が毎回上手く行くなら、そんんな簡単な話はありませんよ。

それが簡単じゃないことがわかっているからこそ、私は長期での成長を信じて長期投資をしています。

 

自分が不安な時は、他の人も不安です。

逆に、自分が楽観的な時は他の人も楽観的ですよ。

みんなが不安な時こそ、積極的に攻めるという考え方も必要でしょうし、そういう時にはちょっと投資から目を離して、のんびりするという選択肢だってあります。

 

急激で極端な動きは、どこかに危険をはらんでいます。

ここで買いたい、という気持ちが生まれたとき。ここで売らなきゃ、という気持ちが生まれたとき。行動する前に一度深呼吸してみましょう。

周りのみんなが焦って動いているときに、同じ方向に動くと、最悪の行動「高値買いの安値売り」になりかねませんよ。

 

最重要な点として、リスクの取りすぎは精神力を削ります。不安で冷静さを失うようであれば、少し背負うリスクを軽くしてみてはいかがでしょう。