読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

華々しい成果をあげるというよりは、投資元本をどんどん積み上げていきたいな

f:id:skyneru:20170214220447j:plain

 

こんばんは。このブログを読んでくださっている方、いつも本当にありがとうございます。

 

東芝がとうとう債務超過だそうですね。12月半ばの株価から見るとまさにジェットコースター。下手したら上場廃止もあり得るんでしょうね。新陳代謝が働くのは健全な動きだと思っていますから、それはそれで延々とゾンビがうごめいている状況よりは喜ばしいと思いますけどね。

このような事例をもって個別株が恐ろしいと言うつもりはないですけど、つくづく思うのは、やっぱり分散って大切ですね。もちろん、逆に集中投資で大儲けすることもあると思いますが。。。

 

 

分散投資によって期待できる効果は、当然リスク低下だと思います。そういった点を踏まえて、自分自身の投資方法では、凄まじい大成功をできるとは考えていません。良くも悪くも、毎月の積立で時間分散されますし、投資対象も分散されます。じわじわと右肩上がりになることを期待して投資しているのはもちろんですが、一気に数倍になるという期待は当然持っていません。

つまり、私が資産形成において目標とする金額を達成するには、投資のパフォーマンス以上に、元本をどれだけ積み上げられるかが重要だと思っています。つまりは貯蓄ですね。

投資はそのブースターのようなもので、大きな元本があってこそ、相乗効果を発揮できると思っています。理想的にはインカムゲイン(もしくはインカムゲイン相当額)だけで生活が出来る状況ですね。ここまで達成すれば個人の資産形成としては「上がり」だと思っています。

 

今現在、私が毎月の投資予算として組んでいる金額はおおよそ10~12万円です。(別途、日本円での積立預金も行っています。)

そのうち7万円は投資信託の積立という形で確実に資産形成に向けています。

そして、3~5万円を、米国ETFの買い付けにまわしています。

また、ボーナスについてもまとまった金額になるため、出来うる限りの額で米国ETFの買い付けを行うようにしています。

今後、収入が増えるようであれば、その分の金額は生活水準を引き上げるのではなくて、投資資金として投入していきたいと思っています。

インデックスファンドに積立投資をしている限り、投資のパフォーマンスにおいて自分自身ができることはほとんどありません。ですが、投資金額は自分で調整するものですし、努力によって増やすことができます。

 

ですから、私は目標利回りを達成したい、というより、目標金額に到達するために、今後も積立を続けていくつもりです。

逆に言えば、元本が毀損したとしても、目標とした金額に到達しさえすれば、私の資産形成は成功といえると考えています。もちろん、数十年投資をしてそのような状況が起こっているとはあんまり考えていないですけどね。

 

あくまでも、これは私自身の考えです。投資においてリスクコントロールが非常に大切なことには変わりありません。過剰な金額をリスク資産に投じる場合、慎重な判断のもとに行われるべきだと思います。