すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

昼休みくらいは他人に煩わされずにノーストレスに過ごそうよ

昼休み。我々給与所得者に与えられている休憩時間です。

きちんと法律でも決まっています。

労働基準法

第三十四条  使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
○2  前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
○3  使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

 改めて読むと、休憩時間は自由に利用できないとだめだったんですね。なるほど。自由に、一時間、休む権利は間違いなくあるんですよね。

なんでか知らないですけど、前にいた部署では、たいてい、部署の人みんな自席で食事していたんですよ。しかも食事中に電話が来たら出ているし。外に行くにしても、職場の人と一緒だったりしましたしね。うーん、なんというか今考えてもなんであんな苦行のような昼休みだったのやら。

自分がまだまだ新人だったから、どこまでやって良いのかってのがわからなかったのも理由なんですが、そのときはとにかくストレスが溜まりました。未だにその時の部署に近づくと動悸がしますよ。まあ、自分にも原因があることは認めますけどね。他の人ってそんなに他人と過ごしたいものなんですかね?人それぞれだとは思いますが、無理してしかたなくやってるような人は、そんな無理しないほうが良いと思いますけどね。体調崩しちゃいますよ。

今の部署は割と個人主義的な文化で、プライベートにも干渉してこないんでありがたいです。昼休みは外に出て、一人で公園でのんびりしたり普段通らない道を散歩したりしています。

業務時間は、もちろんやるべきことはやらなきゃいけないんで、必要なコミュニケーションとかをとったりしますけどね。所詮は一介の労働者ですからね。権利は最大限に活用した方がいいと思いますよ。