すかいねるの長期投資備忘録

経済的自由の夢を見るためコツコツとインデックスファンドを買って寝ていこうと思います。

調子が良い時ほど、最悪の想像をしておこうと思います

今日から米国は夏時間なんですね。

何の気なしにiPhoneの株式アプリを開いたら、もう市場が開いていたことで気がつきました 笑

 

色々言われていますが、押し目待ちに押し目なしという言葉が今の状況にはぴったりですね。

何か起きるんじゃないかとビクビクしていると、意外と起こらないものなんですかね。

 

逆に、楽観的なほど危ないとも言いますしね。

私の乏しい経験でも、自分の気分に従うことがあんまり良い結果を生まないことは学ばせてもらいました。

 

思い返すは2015年夏、ボーナスを嬉々として投資したらズルズル下がり、2016年初頭も、冬ボーナスがどんどん小さくなり。 泣

そして、今から考えるとあの頃はチャンスだったんですよね。今は不安だから買いたくない。。。と思うときほどチャンスなんですよね、やっぱり。

最低限の積み立てはしていたので、完全に無駄にしたわけではないんですが、気分的に欲しくなるのは下がり始めの頃や上がってきてからでした。

 

精神が鍛えられた熟練者はともかく、そこらへんの人間が、下手に判断なんて加えたところで害にしかならないと感じています。

 

やっぱり、基本に忠実に、感情に惑わされない投資をしていきたいと思っています。

 

私の場合は、資産形成が半分趣味になってしまっているのが悩みどころですけどね。

長続きするにはそれなりの楽しみも必要なんでは、という思いもありますので 笑

 

少なくとも、投資が楽しくなっている状態は危険なんだと思います。自重、自重。。。